あすなろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 我流の親子丼

<<   作成日時 : 2013/03/20 14:17   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

光陰矢の如しと云われますが、

ブログだいぶサボってました(汗)


ということで、

今回は料理=親子丼の話題で。



親子丼といえばポピュラーな料理だと思いますが、

TVやネットで作り方や材料を見ていると

私の作る物といろいろ違っていることに気づきまして。


       ◆ ◆ ◆


材料は

鶏もも肉 (160g前後)

鶏卵   (3〜4個)

玉ねぎ  (1/2個)

三つ葉  (4〜5本)


というお馴染みの食材ですが、

人参   (40gくらい)

 が入るところが我が家流です(笑)


       ◆ ◆ ◆


調味料も少し違っています。

昆布だし汁 (200cc)

鰹だし汁  (100cc)

白醤油   (20cc)

大豆醤油  (15cc)

酒かす   (10g)

これだけです。

甘味料である砂糖味醂は入れません。

その代わり、玉ねぎを多目に入れています。

酒かすも甘みに一役買っていると思いますが、

アミノ酸類が多く含まれ、うまみを増加させ

その一部タンパク質はと結びつき、吸収を妨げるため
(※レジスタントプロテインという)

実質的にカロリーオフさせる働きがあるそうです。

(→NHK・ためしてガッテン


       ◆ ◆ ◆


そして調理の仕方もやや違います。


玉ねぎは細切りにします。

普通は入れないらしい人参は半月薄切りで。


出汁、醤油の中に上記を入れ

沸騰させた後、酒かすを解き入れ、中火で分程度煮ます。
画像



鶏肉(もも肉)ですが

肉の10%比の大豆醤油へ30分程度漬けておき、

(ポリ袋へ入れると満遍無く漬かります)

画像


皮=脂身を上にし、分程度オーブン(強火)で焼いています

(皮にやや焦げ目がつく程度)

こうする事で皮を削がずにを抜くことができ

香ばしさも増します。


ここでは落ちますが、肉汁も出てしまいます。

もったいないので、肉汁のみ使う裏技を(笑)


ステンレスのざる(私は麦茶漉し)に

油こし紙(=レイヨン不織布・目の細かいもの)を敷き、

その中へ溜まった肉汁を入れると

は漉し紙にほとんどが残り、肉汁のみが下へ落ちます。

肉の脂が固形化しやすいのを利用した方法です。


器に入れて氷水に浮かして冷やし、

固まったを取り除いても良いです( こっちの方が簡単かも?)。


漉した肉汁は鍋に。


鶏肉はまだ中まで焼けていませんが、

玉ねぎと共に煮込むので問題ありません。
画像



刻んだ鶏肉を入れ、分ほど中火で煮立てたら、

溶き卵を少しずつ回し入れます。
画像

一気に入れるとフワッと煮えませんので注意。

蓋をし、更に分ほど強火で煮立て、刻んだ三つ葉を入れ

画像
再び蓋をして分で出来上がりです。
画像


見栄えなど気にせず、2〜3人分一緒に作りますので

あんまり人に見せられるような物でもないんですが(苦笑)


あっさり味ですが、素材の味を生かすようにしたものです。

物足りない気がするかもしれませんが、

後味がすっきりしています。

よろしければお試しあれ(笑)






-----------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
ここを尋ねて大徳ですw
酒かすの効用におどろきました。。試してみたいですね
にんじん参加もいいですね
我流で緑の野菜なんかも入れてみたくなりました
いつもながらお料理の腕前に脱帽しています
コケ魔女
2013/03/23 21:57
コケ魔女さん、こんにちはいらっしゃいませ〜
”酒かす”って栄養価も効能も
非常に優れた”発酵食品”らしいです。

他にも減塩味噌汁、減脂肉じゃが、
炒め物のとろみ付けとか、シチューにも
スパゲッティーソースにも入れたり。
最近では使わない料理の方が少ないです
アニマジロ
2013/03/24 13:13

コメントする help

ニックネーム
本 文

壁紙用CG集発売中

我流の親子丼 あすなろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる