あすなろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 架空請求詐欺・・・かな?

<<   作成日時 : 2015/09/04 03:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

もう1ヶ月近く前になりますが、

警察(=交番)へ行って参りました。
  
画像


何の用でか と言えば、架空請求詐欺に関わる事で です。


以下のこんな内容のメールが私の携帯電話へ届いたので・・・


From: ※※※※※※※※※@i.softbank.jp (=送信者のメールアドレス)
Date: Sun, 9 Aug 2015 22:06:16 +0900
To: ※※※※※※※※※@※※※※.ne.jp  (=私の携帯メールアドレス)

Subject: (通達日:2015年08月09日)給与等差し押さえの事前予告

これは,あなたが利用した情報番組の未回収金料金による給与等差し押さえの事前予告書です。

現在,債権の回収及び和解提示の任を受け,未納料金の請求の少額訴訟手続き開始前の
段階にあります。
あなたが過去利用した情報番組では,月額料金の滞納が続いています。
再三に渡る警告及び支払いの勧告にも関わらず,あなたが無視を続けることから,
運営法人はあなたの個人情報を信用情報機関へ登録作業を行いました。
本通知以後,45時間以内に連絡無き場合は,少額訴訟手続きが開始され,
即刻財産仮差押えの段階へと移行します。

あなたが和解に応じる意思がある場合は,必ず次より手続きを開始して下さい。

http://※※※※※※.com/※/※※※※※※※※※/?※※※※※※※※※※※※※※※※※Y

    (上記アドレスはポルノサイトらしいです・苦笑)

本メールは送信専用の為,直接返信しても内容をみることはできません。

    (コンピュータでランダム作成されたメールアドレスだから さもあらん・笑)

和解申請は上記からのみ受け付けていますので,予めご了承下さい。

なお,このメールは,民法467条に基づく債権譲渡及び
未納料金支払い電子通知(電子通達)に依って正式に認められている,
電子情報を含む公的な通達内容です。
このままあなたが無視を続ける場合,必ず,法的処置を行うことを申し伝えます。

2015年08月09日
民法(き)(3204-958)



 は〜・・・突っ込みどころ満載のメール文です(笑)


先ず、

「民法467条に基づく債権譲渡及び未納料金支払い電子通知」 と

一見もっともらしい文言が書いてありますが、

その民法467条とは債権者(=この場合、私に支払い請求をしているとされる業者)に代わり、

料金等の取り立てを行う事の代行を任されて、執行する事に関する法律です。

民法467条に法って代行業者が業務を行うには

「債権者(=私に支払い要求しているとされる業者)」による

「債権譲渡承諾」の証明書提示が無ければ執行できないはずです。

私はそれを見せてもらっていませんので、法的に不成立の可能性大です。


少額訴訟手続きで「即刻財産差し押さえ」ってのもおかしいです。

簡易裁判所から出頭要請が事前にあるはずですし、

普通は差し押さえの前に支払い方法に関する裁決が出るはずです。


仮にですが、「財産差押え」の許可がでた場合なら

私への通達ってのは更におかしいです(^。^)

財産仮差押えは裁判所の許可を得て行われますが、

債務者(=この場合 私)に事前通告してしまっては

その意味が失われるはずです。

差し押さえ前に債務者によって財産の処分(=財産売り払って何にも持ってないよ〜状態)

をされては困るので「財産仮差押え」という制度があるのですから。

辻褄が合わないにも程があります。


で、最後に・・・ 「再三に渡る警告及び支払いの勧告」などもらっていませんし、

何より私はポルノサイトと契約していませんので(笑)ほんとにほんとに。



問題は私のメールアドレスです・・・

信用のおける数カ所の企業にしか知らせてありませんが、

残念ながら、そのどれかから情報が漏洩したと思われます。

メールアドレスの不正入手によって今回のメールが送られてきたものと

推測できます。

つまり間違いではなく「架空請求詐欺」の可能性大です。

だとすれば、「財産仮差押え」等の文言は

「由縁無き脅迫」と受け取れますので届け出ました。


でも、警察の方でも無被害の場合、積極的には動いてくれないようです。

それは私も仕方がないと思っていますが、犯罪データは多いほど良いのでは

との思いから届け出ました。



皆さんもこの手の文書や電話を受け取った際、先ず「詐欺」を疑ってください。


メールの返信、電話のかけ直しは絶対にしないように。


記載されているURLやアドレス等には絶対にアクセスしないように。


もし訴えが正当なものならば簡易裁判所から封書(=特別送達郵便)で

出頭要請が届きます。

これが来たなら、やむを得ないので簡易裁判所へ出頭または連絡しましょう。

電話で確認する場合は電話帳記載の出頭先簡易裁判所の番号へ。

悪質な詐欺の場合、封書(=偽物)内の記載電話番号がの場合もありますので。

(正式なものならば、けして悪い様にはならないはずです・民事ですから)


心配な方は弁護士(=通常、相談は無料だと思います)や

警察へ問い合わせましょう。



_________________________

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

壁紙用CG集発売中

架空請求詐欺・・・かな? あすなろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる