あすなろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 規則は規則・・・なのですが

<<   作成日時 : 2015/06/22 02:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さんは乗用車の運転って好きですか?
私はけっこう好きです。

画像


速度違反(検挙)、通行規則違反=標識見落とし(検挙)、
追突事故、接触事故(2回、何れも相手側がこちらへ衝突)、自損事故・・・
それぞれ経験あります、全て6年以上前ですが。。

何れも幸い、大事には至りませんでした。


この中で、やや納得いかないのが標識見落とし時の検挙。

対面通行道路上で横道(T字路)への左折は可、右折は禁止
という場所なのですが、右折してしまいました。

道路左側に「右折禁止」の小さな標識があります。
でも対向車と、曲がりたかった右側にある横道に気を取られ、
標識を見落としました。

曲がったとたん「そこの乗用車、止まりなさい」という
パトカーからの警報音と呼びかけが聞こえました。

何なのか分かりませんでしたが、私の事であるらしいので止まりました。

警官の説明により右折禁止違反である事が理解できました。

捕まった状況から、その場で待ち構えていて捕まえたらしい事と、
その場では「よくある違反」らしい事も察しました。

    ------------------------------------

納得いかない!というのは何か といえば、
右折しようとしてウインカー(方向指示)を出して
私の車が止まっている時間があったにも拘らず、
警官は私が違反を犯すまで待っていたらしい事。

偉そうな事を言ってきたらこちらも黙っていませんでしたが、
この場では警官より特に咎めるような言葉もなかったので、
こちらも淡々と指示に従い書類等の処理を済ませました。

あとで知ったのですが、
この手の罠に落として捕まえるようなやり方は、
警察では常識的に行われているようです。

NHKラジオで、ある番組の司会担当者が同じ目にあって、
納得が行かず、警官へ苦情を言ったらしいです。
もちろん違反は違反なので罰金手続きにはちゃん従ったそうですが、
納得はできなかったという事です。

警官からの説明によれば、
違反を犯す前に声をかけると、警官が声をかけない時、
 つまり、警官がいない時ならば違反を行う輩がいるから

だとか。

一理あるようにも思えますが、
警官のその行動には、本来の法の意味=”右折禁止が定められた意図”は
全く意味を無くしています。

その法律により事故などを防ぐ、つまり市民の安全を守る事は二の次となり、
法律のための法律になっていて、防犯の思想などは無視されています。

主客転倒と思えるのですが・・・どうなのでしょう。

-----------------------------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

壁紙用CG集発売中

規則は規則・・・なのですが あすなろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる