あすなろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 子猿の名前で

<<   作成日時 : 2015/05/09 16:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

高崎山自然動物園(大分市)がサルの新生児に英王女と同じシャーロットと名付けて批判の声があがった問題。

サルって他の動物とは一線を画する感があるようにも思えます。

日本では「悪聡(あざと)い者」と「賢者の象徴」の両面がありますが、
欧州、アメリカなどは黄色人種、特に日本人を指して「黄色いサル」と
蔑んだ時代もありました(今は無いと信じたい)。

あちらではサルと並べられて良い印象があるとは言い難いのでは?
特にお年を召した方々には尚の事。


私は命名自体にはさほど問題はないと思います。
しっかりとした、公への「命名理由」の説明さえあれば。
過去にもそれっぽい名づけの例は多々ありますし。

でも、今回の「騒動」が問題であるのは対応や思慮の浅さだと思います。

一般家庭ならば何の問題にもなりませんが、
市営動物園は「公(おおやけ)」施設です。

そこがこれまた他国国家元首の血縁の名前に関わるとなれば
大なり小なり問題が起きるかも知れないと考えるのは自然だと思うのですが。

一般公募で「シャーロット」が1位(わずかな得票でも・・・)だった事が
命名理由なのですが、
一般市民から英国王室への不敬、配慮にかけるのではとの問いが殺到し、
動物園側が浮き足立って軽薄短慮をやってしまった事は拙かったのではないかと思います。

それは、
大分市と市高崎山管理公社は県を通し、英国(大使館経由で)へ問い合わせたのだそうです。

結果、返ってきた答えは

「日本の動物園内の問題なのでこちら(=英国王室)が言うべき事は無い」

というような内容だったとか・・・。

市高崎山管理公社及び園はこれを受け「問題なし」と判断し、
名前の変更はしないという決定をしたようです。

争点であるとされる英国王室へ「不躾な質問」をし「何も苦情がでないのなら良し」
と云う事らしいです。

しかし、もし本当に不快感無しならば、何か一言添えて返ってくるはずですよ。

不快であっても事を荒立てたりすれば
お生まれになったプリンセスに悪影響しかない事を熟慮され、
ノーコメントって事は「関わりたくもない」と云う事では、と推測もできるのですが。

-------------------------------------------------------

私は小学生の頃、意地悪な同級生に野球のグローブを取り上げられ、
どうしても返してくれないので、取り返そうと追い回して学校横の川まで追い詰めました。
いじめっ子が「(あきらめないなら)川へ捨てるぞ〜」と言いました。
どの道返す気など無い事は判りきっていたので、思い切って「いいよ!」と言ったら
本当に川の中へ放り投げたのです。

大事なグローブだったので、いじめっ子など放っておいて川の中へ入り拾い上げました。
水浸しになったグローブが悲しくて泣き泣き水気をふき取り、一生懸命手入れをしました。

怒ったのはうちの母親(苦笑)。
ケンカではなく物損&いじめなので、相手に「何でそんな事したの!?」
と問い詰めると、返ってきた答えは

「だって、(川へ)捨てて良いって言ったもん・・・」だったとか。

もちろん「そんな事して良いわけないでしょ!」と叱ったそうです。
思慮浅い子供のしでかした事ゆえ、それ以上の責任(物の弁償とか)は問わずに終わらせました。


何だか、そのいじめっ子(=小学生)の言い訳が頭に浮かんだ動物園側のコメントです。

-------------------------------------------------------

しかし、事ここに至っては、もうサルの名前はそのままにするしかないでしょう。
動物園の立場としては。

なぜなら、
今になって変えれば、せっかく良かれと思い名前を投票した市民を落胆させ、
今更「英国側への配慮」といっても後手後手感が否めず気まずさだけが残りますから。
良いことはひとつも無いわけです。
理由こじつけてでも押し通すしか道は無いでしょうね。

「英国王室ならびにシャーロット王女へ敬意を表して名前をこのままにしました」
・・・とか言っているらしいですね・・・今更ながら(苦笑)。


私の結論としては、
先ず1番に、一般公募で1位だったからといって
相手(=英国王室)に関わる名前をサルに付けた場合に起きるであろう種々の問題への
想像力の欠如が問題だったのではないかと思います。

市営動物園なのでいわゆる「お役所仕事」=「規則、慣例でそうなっている」で
行ってはいけない事もあるという例です。

決定権のある立場で思慮深い方が居られたなら「1位だが問題が起きる可能性も否定できない」
という事で2位(=問題なければ)を繰り上げ当選で発表する事もできたはずです。

投票数があまりに少なくて得票数公示自体には問題があるかもしれませんが(苦笑)

2番目に、
英国へ「サルの名前が王女と同じになってしまったが良いか?」
などと訊ねた無配慮さの上塗り・・・。

これもまた子供並みの浅はかさでしょう?
対して、英国側の冷静で大人な応答が痛く思えるのは私だけでしょうか?

お役人さん、これからはもうちょっと考えてからあれこれやって欲しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

壁紙用CG集発売中

子猿の名前で あすなろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる