あすなろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 3DCG工房・-少年の頃-・スーパーカーの夢

<<   作成日時 : 2013/02/18 02:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

以前作った「ナンチャッテ〜」コミックカーとは違い

今回、わりと真面目に作ってみましたが

何せ”カーデザイニング”とか

”カーエンジニアリング”などは全くの無知でして(苦笑)

この車を作るにあたっての基本的なことは

車輪が4個、座席が2つ取り付く・・・という程度。



パッケージングとかはいい加減ですし、

空力特性(エアロデザイン)とか

流体力学なども素人の半端な知識です。



空気の抵抗は、たしか 

正面を0度とし、垂直に空気とぶつかった場合、

垂直0度から傾き37度付近までは(→∠)

物体表面全体を這うように広がるような性質だったと記憶しています。

(・・・あくまで うろ覚えです)


こうして空気は物体にからみ、

移動物体の後ろで渦を巻くように張り付き

空気抵抗が発生します。


抵抗値の低減には

流線型(魚とか鳥の形)が良いのですが、

乗用車の場合、かなり大きな面積となってしまい

実用的な大きさでなくなります。


ランボルギーニ・カウンタックなどは

その究極形態ですが、

幅も長さも相当に巨大ですから(=非実用的)。



ということで、

妥協案となるのが前部分は鋭角、

後ろ部分はできうる限り表面積を減らした垂直断面形状

いわゆる【 楔形( くさびがた ) 】となります。

画像


ルーフエンドのギザギザと

テールに突起がありますが、

車体後部で起きる空気の乱流(渦)を

出来るだけ小さく小刻みにするためのデザインです。


・・・でも、実際にこんな突起部分があったら

手入れとかが大変なことは勿論、

道交法に触れるおそれがあり

車検を通せないでしょうね・・・たぶん(苦笑)


   ◆ ◆ ◆


半端な知識・・・とはいうものの、想像の産物ですから

理想は出来るだけ高く盛り込んで妄想しました(笑)



ボディーの素材はドライカーボン板とか

電動独立連動車輪であるとか(=当然ゼロエミッション

ホイールは鍛造マグネシウム製(=超軽量!)であるとか

路面転がり摩擦を減らすため幅の狭いタイヤ(=225mm)

でも、制動力(=ブレーキ能力)は落とさないように

大口径のタイヤ(=80cm)を履かせたりとか


新原理高性能蓄電池搭載(=現実には開発途上のもの)とか


製作費、技術的問題など度外視です。

想像の世界ですから(笑)


   ◆

全長4.46m

全幅2.12m

全高1.29m

タイヤ225R

ホイール20inch

・・・という設計になっております。

画像


   ◆

今回作っていて、

40数年前に放送されたアニメ

【 マッハGoGoGo 】に登場する

スーパーカー=ミフネマッハ号

究極のデザインだと改めて思いました。



 ・・・何となく雰囲気が似ちゃいました(汗)







------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

壁紙用CG集発売中

3DCG工房・-少年の頃-・スーパーカーの夢 あすなろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる